Auto-generate Your Graphics グラフィック自動生成のソフトウェアならベビーユニバース|Parametricos

Parametricos

Hybrid仕様
Mac版、Windows版のプラグインデータをそれぞれご用意しております。

Parametricos サブスク版はこちら

IllustratorがCADを超えるツールに変化!

Parametricos の主な機能

6つのParametricosツール

img01イラストレータのツールボックスに格納される6つの補正ツールは、それぞれの用途によって使い分けます。

  • 距離補正ツール

2点間の直線距離を任意の数値に補正するツールです。移動距離を指定して補正する機能と、相似形を保ったまま補正できる比例バランス機能が追加されました。

  • 長さ補正ツール
2点間の曲線距離を任意の数値に補正するツールです。
  • 円弧補正ツール

円弧を任意の数値の大きさに半径を補正するツールです。半径1mm以下の円弧または自由曲線は、長さ補正ツール対応です。

  • 角度補正ツール

傾斜部分などの角度を補正する為のツールです。

  • ポイント補正ツール

任意の頂点の位置を補正するツールです。

  • 計測ツール

2点間の距離や長さ、角度を計算するためのツールです。

補正は、基本的にこれらのツールで行います。2点間の距離を任意の距離に補正したり、円弧の大きさの補正、さらにポイントの補正などを行えます。また、複合的に使い分ける事により、複雑な補正が可能です。

Parametricos Informaiton パレット

Informationパレットは寸法の基本設定(原点位置、角度、拡大率)の他に、4つの補正ツールと連動し各補正設定を詳細に行えます。
設定情報(プリセット)の保存も可能なので、都度設定情報を保存しておけば何時でも自由に設定可能です。

Parametricos Variable パレット

主に変数を設定することができるVariableパレットです。 基準寸法の作成を、様々な変数で設定可能です。
また、単なる数値だけでなく計算式も使用可能です。四則演算(加算+、減算ー、乗算×、除算÷)はもちろん、複雑な各種関数を使えます。これにより、変数との連動により複雑に変化するあらゆる補正値を制御する事ができます。 また、CSVファイルの書き出し/読込みが可能なので数値の修正の際はパレットから、ひとつずつ修正せずともテキストエディタなどでCSVファイルを修正すれば、一度に変更可能です。

CSVファイルに書き出し可能

Variableパレットに登録する補正数値の値は、CSVファイルとして書出しが可能です。 CSVファイルで保存することで、各数値データの編集や区別も簡単に行えます。書出したCSVを編集し読込めばパレット内の変数が自動的に変更されます。CSVの編集には、テキストエディタをご使用下さい。

製品仕様

製品名称
Parametricos 【パラメトリコス】
販売形態
ダウンロード版
販売価格
対応OS
ハイブリッド仕様(Mac&Win対応)
下記バージョンのAdobe Illustratorが正常に動作するOS環境でお使いください。
Mac:Illustrator CS6/CC /2020対応
Windows:Illustrator CS6/CC /2020対応

MacintoshRは、Apple Inc.(アップル社)の商標です。WindowsRは、Microsoft Corporation(マイクロソフト社)の商標です。AdobeR,Adobe IllustratorR/ AdobeR,Adobe InDesignRロゴは、Adobe Inc.(アドビ社)の商標です。その他記載されている会社名、品名等の固有名詞は、各社の商標または登録商標です。