Auto-generate Your Graphics グラフィック自動生成のソフトウェアならベビーユニバース|バーコードについて 〜CODE-39,CODE-11,CODE-93 〜

サブメニュー

バーコードについて 〜CODE-39,CODE-11,CODE-93 〜

100805-01

~ CODE-39,CODE-11,CODE-93 ~

今回はCODE-39,CODE-11,CODE-93のバーコードについてご説明します。

================================================================

第5回はSerialBarcodeで作成できるCODE-39,CODE-11,CODE-93です。

【 CODE39 】

100402-01

「CODE39について」

1975年にインターメック社が開発し、JIS-X-0503として規格化されたバーコードです。
数字とアルファベットといくつかの記号の、合計43個のキャラクタをコード化したもので、主に工業用として使用されています。信頼性が高いシンボルであることから、主に産業分野の作業指示票や現品ラベル、日本ではEIAJ(日本電子工業会)、米国ではAIAG(米国自動車工業会)がそれぞれ標準ラベルとして使用しており、産業、特に工業の分野ではなくてはならないものです。

「CODE39の構成」
CODE39は、9本のバー、スペースのうち3本が太いということで、この名が付いています。9本のバー、スペースで一つのキャラクタを表し、バーコードの始まりと終わりには*(アスタリスク)が付けられます。

また、それぞれのキャラクタの間のスペースの部分を「キャラクタ間ギャップ」と呼びます。通常、ナローバー幅と同じサイズで作られます。ただし最大値はナローバー幅の3~3.5倍という規定になっています。

字状態によっては、比較的簡単に桁落ちが発生しますので、桁指定を読み込むリーダー側で設定することが望ましいです。

100402-02

「表現できるキャラクタ」
数字、アルファベット、記号(ー,.,(スペース),*,$,/,+,%)の43キャラクタ

「CODE39の特徴」
数字以外にもアルファベット、記号などが扱えることが最大の特徴です。一つの文字を表すのに、9本のバー、スペースを用いるため他のコードに比べて、誤読が非常に少なく、信頼性が高いのも特徴です。また、そのためバーコードのサイズも他のコードに比べて最も大きくなります。バーコードにアルファベットや記号を使用したい場合は、CODE39が最も適切です。

また、スキャンには、白黒、細太の4要素でのみ判定するため、単純で読み取りし易いコードです。

【 CODE11 】

100402-03

「CODE11について」
USD-8とも呼ばれ、インターメック社が1977年に開発した、高密度のディスクリート型のバーコードです。15キャラクタ / インチの情報化密度を持っており、主にAT&T社の通信機器や部品等に使用されています。

「CODE11の構成」
一つのキャラクタが、3本のバーと2本スペースで構成され11キャラクタをコード化できます。ワイドバー(スペース)が2本の場合と1本の場合では、エレメント幅が異なります。キャラクタ間には、ディスクリート型のキャラクタ間ギャップが入ります。
*のスタート/ストップキャラクタが入ります。また、チェックデジットが必ず必要になり、キャラクタが10以上の場合は2つ必要となります。

「表現できるキャラクタ」
数字、ー(ハイフン)

【 CODE93 】

100402-04

「CODE93について」
インターメック社が、1982年に開発したバーコードでUSS-CODE93として規格化されているシンボルです。黒・白バーの幅が幾種類もあるマルチレベルのバーコードで、CODE39と同じく数字の他にアルファベット、記号も使用できるバーコードです。CODE39よりも、情報密度およびデータセキュリティの高いコードとなっています。

「CODE93の構成」
1キャラクタを9本のモジュールで構成し、そのうち3本がバーであることからこの名が付いています。OCDE39と同じ43種類のキャラクタの他に、4種類のシフトキャラクタを持っています。そのため文字キャラクタを組み合わせてフルアスキー128キャラクタを表現できます。高密度であるため、チェックデジットが2つ必要となります。

「表現できるキャラクタ」
数字、アルファベット、記号(ー,.,(スペース),*,$,/,+,%) 4種類のシフトキャラクタ

img01

次回はCODE-128,CODE-128(UCC/EAN)についてご説明致します。