Auto-generate Your Graphics グラフィック自動生成のソフトウェアならベビーユニバース|iPM概要

iPM NEWS

「玉置の仕事場」
ザ・ノース・フェイス・チーフパタンナー玉置 浩一 氏が惜しげも無く、全てのノウハウを全公開!
sp

サブメニュー

iPM Illustrator Pattern Making System

イラストレータでパターンメーキングができる
唯一のシステム、iPM

CADより低価格、手引きより早くて正確。
Adobe Illustrator + iPMで型紙を作る、という選択。

『今まで手作業で型紙を作ってきたけれど、時間がかかるし管理や共有も大変なのでデジタル化したい。
でもCADは高価だし、操作を覚えるのに時間がかかる。何か良い方法はないかな?』

そんな悩みを抱えたパタンナーさんたちが今、続々と始めているのが、Adobe Illustrator(アドビイラストレータ)とiPM(アイピーエム)を使ったパターンメーキング。

イラストレータとは?

イラストレータは世界中で多くのクリエイターが利用するグラフィックデザインソフト。特にイラストレータのペンツールは手引き感覚に近いため、一般的なアパレルCADよりも思い通りの曲線を自由に表現できます
更に、一般的なアパレルCADでなくイラストレータをお使い頂くメリットとして、パターン作成だけでなくデザイン画から仕様書の作成までをイラストレータだけで効率良く進めることも可能なうえ、ロゴのデザインや印刷物の作成まで幅広く利用することもできます。
価格も月々2,000円程度からと、フリーランスや小規模の会社でも導入しやすい点が魅力です。

iPMとは?

iPMは「イラストレータ・パターン・メーキングシステム」の略。その名の通り、イラストレータで自在に型紙を作成する為のプラグインソフトです。イラストレータは優れたグラフィックツールですが、曲線の計測や複雑な縫い代の作成には対応していません。iPMは、パターン作成に欠かせない各機能を補い、イラストレータでの型紙作成を強力にバックアップ致します。
各プラグインは単品でのご購入はもちろん、お得なセットもご用意。個人のパタンナー様からメーカー様まで、ニーズに合わせて自由に組み合わせて使えます。

■iPMの製品一覧と価格はこちら

iPMが選ばれている理由

  • 手引きのような感覚で、直感的に使える
    イラストレータのペンツールは手引き感覚に近いため、一般的なアパレルCADよりも思い通りの曲線を自由に表現できます。「紙とペン」を「マウスとモニタ」に置き換えるような感覚で、これまで積み重ねた手引きのスキルを存分に生かして作業することができます。
  • 圧倒的なコストパフォーマンス
    アパレルCADは導入コストが数百万円掛かることも。かなり勇気のいる値段ですが、iPMは基本のSegment Toolsが23,000円から。イラストレータも毎月2,000円程度から使用できるので、フリーランスの方でも少ない負担でデジタル化を実現できます。
  • 大幅な作業時間短縮
    アームホールと袖山の調整、縫い代付けやパターン完成後の修正など…手作業では時間がかかっていた作業も、iPMなら簡単!曲線の計測も自由自在。これまで経験と勘に頼っていた部分もスッキリ解決します。
  • デザイン画から仕様書までイラレで完了
    グラフィックソフトならではの特徴として、パターン作成に限らずデザイン画や仕様書・資料作成まで幅広く利用することもできます。
  • 型紙の保管に悩むことがなくなります
    意外と場所を取る型紙。保管場所に困っていませんか?イラストレータで作れば、パソコン上で保管・整理できるので作業場もスッキリ。一瞬で名前順に並べ替えたり、検索で必要な型紙をすぐに取り出すこともできます。
  • MacでもWindowsでも、お気に入りの環境でOK
    イラストレータなら、MacとWindowsどちらでもOK!ノートパソコンにインストールすれば、外出先や移動中、お気に入りのカフェなど、いつでも好きな場所で作業ができます。
  •  安心のサポート
    iPMの使い方でご不明な点がございましたら、こちらからお気軽にご相談ください。ご要望に応じて、iPM習得トレーニングやCADデータの変換、グレーディングなどのサービスも提供しております。詳しくはこちらをご覧ください。

■iPMの製品一覧と価格はこちら

iPMユーザー様の声

「洋裁の型紙作成に使用しています。iPMを使えば修正も簡単に出来るし、元ラインとの比較も簡単だし、手軽すぎてもっと早くiPMを導入すればよかったと思うばかりで、もう手引きには戻れない感じがします。
– 洋裁教室フロールブランカ 岩崎様
もっと詳しい記事はこちら

「15年以上、パターンメーキングの教材として使用しています。Illustratorなら、手引き感覚で使いやすいのに、スピードや正確さでは手引き以上のことができます。例えば複数の線を同時に動かすのって、手引きではできないことですよね。」
– 神戸芸術工科大学ファッションデザイン学科 野口様
もっと詳しい記事はこちら

「型紙の出版物作成に使用しています。Illustrator単体でも手書きの型紙をトレースする事はできますが、曲線の長さを計測する事ができないので、寸法のチェックができません。長さが合っているかどうかのチェックができなかったのが、iPMのセグメントツールを使う事によって、単体でチェックを完結する事ができました。コメントツールを使えばワンクリックで計測した数値を書き込めるので人に見てもらう時にも便利でした。また、手書きの型紙をトレースする場合、正確に垂直がでていない場合も多いので、角度を簡単に水平垂直にできるスラントツールもよく使っています。」
– パターン製作・出版 K.N様

「婦人服のパターンメーキングに使用しています。これまで手作業だったのでパソコンは全く素人でしたが、わずか2ヶ月でiPMでパターンが引けるようになりました。慣れるまで1年ほどは作業効率が落ちるのではと心配していましたが、3ヶ月後には手作業時と同レベルとなり、現在では確実に効率アップしています。CADも検討しましたが、iPMなら手引きのスキルが落ちる心配がないのも決め手でした。」
– レディースアパレルブランド パタンナー S.S様

動画でわかる!iPMを使ったパターンメーキング

イラストレータとiPMを使ったパターンメーキングって、どんな感じ?実際の作業画面をご紹介。

ja-apparel-tamaki-banner

■iPMの製品一覧と価格はこちら